工事用デジカメ TG-1工一郎

オリンパスデジカメ

新しい工事用カメラ購入

一番手前のやつオリンパスの TG-1工一郎、どんどん新しいのが出れば大きく、重たくなってる。

 

しかしでかいだけあって、CALSモードで写真を撮ってもきれいに映っている、

そこはやはり大きいからこその利点。

 

今回のはレンズむき出し仕様、従来のシャッター式は汚れると開かなくなったりするので、

むき出しは個人的にOK、昔のフィルム式はむきだしだったし、

デジカメは画素数よりもレンズが命。

昔のオリンパスのデジカメのほうが上の2機種よりきれいに映るから

屈折は少ない方がいいんだろうと思う。

 

前回の工事カメラ(写真真ん中)のOKボタンがジョグダイヤル式になってたので、

マクロやフラッシュの設定をしてOKボタンを押したつもりで横にスライドみたいになって

非常に不満だったが、今回は改善されOKボタンはただのOKボタンになってた。

 

一般販売モデルと工一郎モデルの違いで一番便利なのが、ファイル番号の上4ケタ

を自由に設定出来るのが非常に便利、カードを入れ替えるごとに番号を変えとけば

重複することが無いので良機能。

 

あとiAUTOダイヤルがあるので合わせておけばマクロも自動で切り替わるので、

材料写真なんかの時は重宝しますが、フラッシュ設定が電源入切のたびにもとに戻ります。

 

値段は高いが良アイテムなのでしばらく使い込んでいこう。

 

eye-fiカード対応なので、撮った写真をばしばし転送出来るし、設定画面で、

転送するしないが変更出来て、転送済みの写真は入切後でもちゃんと記憶していて、

転送済みは転送しない、これで若干は電池の減りを軽減出来るのではなかろうかと思う。

 

写真転送のやり方はこちら。

http://kokuban.mocemoce.com/syasintensou.html

 

2013-04-02 | Posted in 工事アイテムNo Comments » 

関連記事