VectorWorksについて。

jww、HOCADから今はVectorWorks(以下VW)を使用しています。

JWWは使用人口が多いのでファイルのやり取りが便利でした。

HOCADは座標系に強いので、主に測量をする時などに使用してました、

JWC形式での保存なので、JWWと相性が良くインターフェイスも使いやすかったです。

JWW HOCADは無料ですばらしいソフトでしたが、

不満が無いわけでは無かったので解消するために有料のVWを使用しました。

さすが有料の機能がたくさん、しかもBIMです。

しかし、根本的な使い方がやはりですがJWWと違うので慣れるまで結構時間が

掛りました。

あとファイルやり取りのバグがひどい、DXF変換で出すのも入れるのも

ほぼ使い物になりません。

設定を調整して修正をかければ使えるのですが、詳しい人でないと難しいです。

都会では結構メジャーなCADなのですが、ちょっと田舎になると使っている人は

ほとんどいない、むしろ知ってる人が少ないCADです。

使いこなせばすごいことになりますが、使えるようになるまで結構かかりしかも、

関連書籍が少なく、デザイン本みたいな初心者用の書籍にはならない物が多い。

それでも使います。

使いこなすとすごいんです、2D、3D共に

 

◆作成例

看板サインのイメージ作成以外はすべてVW一本

パース

現実の写真

DSC011832

 

2013-04-25 | Posted in CADNo Comments » 

関連記事